読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーの調べ物

プログラマーが調べ物をするときに役に立つサイトを作ります。

JBoss Application Server5をインストールしてみる。

メモ

brew install wgetwgetコマンドをインストールします。
wgetJBoss Application Server5をダウンロードします。

wget https://sourceforge.net/projects/jboss/files/JBoss/JBoss-5.1.0.GA/jboss-5.1.0.GA-jdk6.zip/download

downloadという名前でwgetされているので、リネームして、解凍します。

mv download jboss-5.1.0.GA-jdk6.zip 
unzip jboss-5.1.0.GA-jdk6.zip

jdk6が必要と書いてあるので、インストールしましょう。

詳しくは前回の記事を参考にしてください。 http://programmers-investigation.hatenablog.com/

brew cask info java6
brew cask install java6
jenv add /Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home/
jenv local oracle64-1.6.0.65

JBossのインストールはこれで完了です。 とりあえず動かしてみましょう。

/opt/jboss/jboss-5.1.0.GA/bin に移動して、

./run.sh 

を叩きます。 すると、

jboss/jboss-5.1.0.GA/server/default

が動きます。

コンソールに、

15:32:36,890 INFO  [AjpProtocol] Starting Coyote AJP/1.3 on ajp-127.0.0.1-8009
15:32:36,894 INFO  [ServerImpl] JBoss (Microcontainer) [5.1.0.GA (build: SVNTag=JBoss_5_1_0_GA date=200905221634)] Started in 20s:843ms

と出ていれば、起動完了です。

ブラウザで開くと、JMX-Consoleが見れます。
http://localhost:8080/jmx-console/

Ctrl + CJBossを停止させることができます。

programmers-investigation.hatenablog.com